ゲームって健康にいいらしい

ゲームはこの年になってもやっています。手先をつかうため、ボケ防止にもなるし健康にもいいそうです。

中学、高校のときハマったファミコン・・・特におもいで深いのは「キャプテン翼」というゲームでした。

このファミコン版であるキャプテン翼は、アニメ的な表現のオンパレードで、意外とよくできてるゲームでした。

特に、大空翼をはじめとした、各キャラクターの必殺技の演出がスゴイの一言につきます。

中学生編の全国大会準決勝でふらの中の松山のイーグルショットにはかなりコテンパンにやられた思い出があります。

そして、決勝戦の相手である東邦との試合ではBGMもガラッと変わり、何回も何回もコンテニューするはめになりました。タイガーショットはこちらのキーパー森崎では絶対に止められずに吹っ飛ばされる!!だからシュートを打たせないように何回もリセットしましたね。

その後の展開として中学時代のライバルで結成されたのJrユース編では世界の強豪に挑むという設定がよかったです。特にスタメン選びがすごくワクワクしました。でも、ミッドフィルだーが多すぎて誰を先発にするか悩みどころだしたね。でも、結局は必殺技を持ってる奴を中心に集めてプレーするのが一番だった気がします。

隠しキャラ設定で、岬くんとの出会いのアドベンチャーパートでは一つもミスは許されることなく、選択ミスで出会えない演出は結構厳しかったです。ただ岬君は能力は高いが、必殺シュートを持ってるわけでなく、微妙なキャラだったような気がします。

また健康のためにキャプつばしたいなー。

健康のために、クリスチャンココの効果と口コミは大事だと思います。みなさん注目して欲しいものです。

サプリメントの話

毎日健康活動している私ですが、サプリメントにも結構興味があります。

特に興味があるのは、筋肉を増強するサプリメントです。

それは、「プロテイン」というのです。超有名ですよね。
この「プロテイン」は主に大豆から生成せれており、たんぱく質が主な成分です。このたんぱく質が人間の筋肉を作りだすわけです。筋肉さえついてしまえば、脂肪を燃焼するのに役に立ちますし、なんといっても運動を行うのに必要な体の組織体です。筋肉がないとランニングするにも続かないでしょうし、続けるには筋肉をつけて少しつつ効果がみえる必要があります。

そのほかにも若返りサプリメントというのもあります。それはβカロチンやアントシアニンやビタミンなど、体内の酸化に強い栄養素を摂取するものです。毎日ランニングしていると紫外線に侵されます。その際に紫外線の影響から肌を守ることも、若返り効果がある方法だと言われているそうですね。特に夏はギラギラと紫外線がキツイですが夏以外の季節でも、紫外線はスキンに少なからず影響を及ぼしていますので注意が必要になります。特に女性の方は紫外線対策をし、お手入れを確実に行う方法こそが、肌の若返りにも効果が高いと思われます。

但し、サプリメントで気になるのは副作用ですよね。
さっき書いたアントシアニンをまとめて摂りすぎたことで、余計に肌トラブルを起こしてしまったり、お腹の調子を悪くしてしまうこともあります。とはいえ、副作用といいましたが、あまりに悪くなることにはなりませんので、心配しすぎることはないかもしれませんが・・。とにかく摂取しすぎるというのが良くないことです。

また、飲みあわせの問題もあります。例えば、目の健康にいいからと、目に効くサプリメントを一気に飲んでしまうと、アントシアニンが逆に体に悪影響を及ぼすこともあります。ですので、処方する数量をきちんと管理して(サプリメントの入っていた箱などを確認する)飲むことが大事といえます。

どうぶつの森ってどうなの

どうぶつの森ってご存知ですか?

かなりまえに発売されたゲームですが、うちの子どもたちは、未だにプレーしたりしています。3DSのゲームですから、気がむいたとき、出来るゲームらしいのですが、飽きっぽい子供たちでも、こんなに長くできるゲームってすごいですよね。

ゲーム内容は、シュミレーションゲームの一種で、そのどうぶつの森のなかに存在する街や家で生活をバーチャル的に行えるというゲームらしいですのです。

正直このゲームは私はしたことがなく、意味が分からない上になんで楽しいのかもよくわかりません。現実逃避してるだけという感じもしなくもないですが、それをいうとゲーム自体が現実逃避してるということにもなるので、それは言わないようにしています。

わたしも、こどものころからゲームが大好きで遊んでました。私の時代はシューティングゲームやアクションゲームがメインで、一面一面クリアしていくのが楽しかったです。

そののちドラクエを代表とするロールプレイングがゲームソフトの主流となり、いまのようなゲームジャンルも入り込んできた様子ですよね。

しらべてみたら、どうぶつの森シリーズはあのNINTENDO64に第一作が発売されて、もうすでに20年近く経つんですね。

そう思うと自分も歳を取ったって自覚してしまいます。

バスケットボールにはまっている!!

私は、中学、高校で部活動としてバスケットボール部に所属していました。

バスケットボール部での活動の日々はとても辛く、いつでも辞めたい気持ちが先行していました。この気持ちがわかる方っていっぱいいると思います。

でも、年を取って太ってしまって、なぜかまたバスケットボールがしたくなったんですよね。それは無性に。

それで、一生懸命ダイエットして、それも一杯走って走って・・・。そして目標体重がまで減量ができたのでバスケットボールを始めたんです。

バスケットボールって結構年齢による体力差が顕著に表れるので、年齢にあった同年代のバスケットチームを探したんです。そうしたら見つかったんですよね。おかげで、月に2回のバスケットボール活動に無理なく活動できています。

また、そのバスケ活動が終わった後の飲み会がとても大好きで、毎回参加してしています。バスケットボールをしたあとのビールの旨さって最高ですよね!!しかも気の知れた趣味のあった同年代の人間とのくだらない話がとても面白いんです。

私には、いままで特に趣味はなかったのですが、いい趣味ができたと思います。今後もこの活動ができればいいと思っています。そのためには健康の維持が必要になってくるんですよね。

阪神タイガースが大好き

阪神タイガースの私は、1985年からの大ファンです。

思い出すのが1985年5月にあったバックスクリーン三連発。バース掛布、岡田の最強クリーンナップがスコアボードのあるバックスクリーンにホームランを放り込んだことが印象的です。

それに加え1番打者だった真弓選手。名前は女子の名前っぽいですけど、メチャメチャ最強の一番打者でした。脚が早いうえにホームランもよく打つという印象のある素晴らしい選手でしたね。

その年は日本一にもなったし言うことない年でした。阪神ファンには忘れられない年じゃないでしょうか。

ちなみにこの年は、阪神のピッチャー人は、あまり調子がいいとは言えず、2ケタ勝利もほとんど存在しないカンジでローテンションピッチャーも固定できなかった記憶があります。

縄跳びがいい!!

私が今度行おうとしている健康活動に「縄とび」をするというのがあります。

最近、巷では縄跳びダイエットをする人が増えているそうです。その縄跳びの健康活動にはどのようなうれしい効果があるかちょっと考えてみました。

まず、縄跳びは跳ねることでランニングと同様な有酸素運動ということが言えます。しかも場所を選ばずにウォーキングやジョギングに比べてどこでもできる・・つまり同一の場所で行えるというのがいいですよね。ただ、家の前の道路で行うのはいささか恥ずかしいこともありますが・・。

ランニングもそうなんですが、有酸素運動は体脂肪を効率的に燃焼させるために有効な手段です。しかも縄跳びはジャンプをするので体内の脂肪を、動かすことも期待できるので固まった脂を柔らかくする効果もあります。ですので縄跳びを使う運動がかなり役に立ち、効果的と言えます。

もう一つ足をスリムにする効果も期待できます。縄跳び運動のような、速やかにジャンプする運動が足の筋肉の引き締め効果を引き出し、結果足のシェイプアップに効果的です。また筋肉を使って飛ぶので、縄跳びの跳び方一つで鍛える箇所も変えられますので、なおさら健康に良いでしょう。

やっぱり、ふくらはぎや太もものたるみを改善したいという人には、一番には縄跳び運動が良いでしょう。ただ、どこで行うかは自身で発見しなくてはいけません。

毎日記録する!!

毎日記録するということは結構、根気のいる作業です。

子供の頃に毎日勉強するって夏休み前に断言して、毎日勉強した子供がいたでしょうか?私も出来なかった子供時代の思い出があります。

本題の戻りますが、健康に関し毎日記録する話ですが、それは・・・

「体重」です。

マイウエイトを記録することです。記録することで、食べ過ぎた際に焦燥感を利用し、食べ過ぎを未然に防いでくれたりします。但し、食べ過ぎが続きすぎて、体重測定をするのが怖くなりやめてしまうこともあります。実際、過去になんども体重測定をやまてしまったことも私自身経験があります。そのためにも食事制限も並行して行うことも大事と言えます。

私は、体重以外にも計測しているものがあります。それは、走った距離です。前回の投稿で朝晩で6kmづつ走っていると書きましたが、日によっては4kmだったり、2kmだったり、多く8kmだったりします。月間で200kmを走ることを目標にしているので、記録するのが大事になってきます。但し、200km/月は目標にしているものの200kmに届くのは稀です。

記録とえば、体脂肪も注目して計測しています。これは、体重測定を始めた際に、体重計に元々備わっている機能で、これを記録し、ちょっとでも減れば嬉しいものです。ただ、体重と比べると計測が曖昧で若干の誤差があります。また、運動後や計る時間、服装によっても変わって来ます。

ですので、毎日同じ時間に同じ条件で計測するのが大事だと思います。

毎日のランニング!!

糖尿病と診断された時は、かなりショックではありましたが、この状況を打破するためには結構単純でした。

それは、「ランニング」すること—。

最初は、ウォーキングから始まり、ランニングも300mくらいしか走れませんでした。1日1日距離を伸ばし、今では1回のランニングで6kmまで距離を伸ばすことに成功しています。しかも朝、夜と6kmづつ。

もちろん、毎日つづけることは大変です。厳密にいえば毎日、この距離を走っているいるわけではありません。雨の日や夜の食事、飲み会がある日はできない日もあります。でも、走れるタイミングがあれば確実に走る・・・これが長く続けるコツかもしれません。

走ることはとても気持ちがよく、周りから辛くないかとか、辞めたいと思わないのかという質問をよく受けます。しかし、意外と辞めたいと気持ちはなく、走れない日が続くと逆に焦燥感に駆られます。だから、走れない日があってもまた走りはじめるので長続きがするのですね。

同じ距離、同じ場所を走るというのは、慣れてきて飽きるカンジがしますがいまでは、同じところを走らないと不安になります。同じところを走ることで、距離感や時間のバランスが理解でき、今日の自分の調子やスピード、時間が理解できる所がメリットでもあります。

ただ、ココまで書くと毎回確実に走っていると誤解されますが、調子悪くて走れずにウォーキングになることもあります。

こういうことは焦らず行うことも大事なのではないかと思いますね。

日常の健康について

日常の健康について、日々精進することが必要となります。
例えば、

・食事に気を使う。

・ちょっとでも運動をする。

を実行するだけで、一日では成果は出ませんが、1ヶ月、3ヶ月、半年、1年で効果が表れてきます。
最近では、健康に気を使う為にドリンク剤を併用することがあります。その中でもタウリンの成分の入ったものが重宝されています。

タウリンには色々な健康効果やダイエット効果があり注目されているそうです。注目のサプリメントというのは、人によってさまざまですが、とにかく毎日摂取している人も多いようです。特に最近はそうらしいです。

タウリンは、よくドリンク剤に含まれており、テレビCMで「ファイト―一発ーー」を良く見かけますが、そのドリンク剤によく含まれています。とくにその成分が売りのようです。ただ、同じようなドリンク剤においてもタウリンが含まれてないものもありますので注意が必要となってきます。

話はズレテしまいましたが、タウリンサプリメントの中でも、粉のサプリメントがオススメです。粉のタウリンサプリメントにはタウリンががドリンクのものより多く含まれておりますが、ちょっとだけ金銭的にはかなり高価になるようです。

結果、自分がタウリンの含まれたもので、自分自身に合った飲みやすいものをチョイスして飲むことことが大事だと思います。