毎日のランニング!!

糖尿病と診断された時は、かなりショックではありましたが、この状況を打破するためには結構単純でした。

それは、「ランニング」すること—。

最初は、ウォーキングから始まり、ランニングも300mくらいしか走れませんでした。1日1日距離を伸ばし、今では1回のランニングで6kmまで距離を伸ばすことに成功しています。しかも朝、夜と6kmづつ。

もちろん、毎日つづけることは大変です。厳密にいえば毎日、この距離を走っているいるわけではありません。雨の日や夜の食事、飲み会がある日はできない日もあります。でも、走れるタイミングがあれば確実に走る・・・これが長く続けるコツかもしれません。

走ることはとても気持ちがよく、周りから辛くないかとか、辞めたいと思わないのかという質問をよく受けます。しかし、意外と辞めたいと気持ちはなく、走れない日が続くと逆に焦燥感に駆られます。だから、走れない日があってもまた走りはじめるので長続きがするのですね。

同じ距離、同じ場所を走るというのは、慣れてきて飽きるカンジがしますがいまでは、同じところを走らないと不安になります。同じところを走ることで、距離感や時間のバランスが理解でき、今日の自分の調子やスピード、時間が理解できる所がメリットでもあります。

ただ、ココまで書くと毎回確実に走っていると誤解されますが、調子悪くて走れずにウォーキングになることもあります。

こういうことは焦らず行うことも大事なのではないかと思いますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です